季節が変わったら衣替えをしましょう

日本では気温が大きく変わる季節のまえに、衣替えをする習慣があります。

学生時代に制服を着ていた方なら、春や秋に衣替えで夏服と冬服を入れ替えていた記憶があることでしょう。

しかし近頃では地球温暖化による従来とは変わりつつある気温変化や、個性を尊重していく風潮、衣料品の多様化、安くて手軽なファストファッションの流行に伴ってワンシーズンで衣服を捨ててしまうなど、衣替えをしない人も増えているといいます。

ですが、衣替えはクローゼットやタンスの整理、衣服の手入れを行うのにも良いきっかけになりますので、衣替えの習慣は大切にしたいものです。

シーズン中に着ていた服をクリーニングに出しましょう

衣替えの際にはそのシーズンに着ていた服をクリーニングに出しましょう。

「それは普通のことではないか?」と思われるかもしれませんが、中にはこれからのシーズンに着る服を出すという人も増えているようです。

しかし、着たものをそのままで長期保管して、着る前にクリーニングに出すというのは、クリーニング利用にはあまり適切な行動ではありません。

汚れは時間や日が経つほど定着して落としにくくなる性質がありますので、すぐに洗えば落ちたかもしれない汚れが、後になって落ちなくなってしまうことがあります。

例えば、家庭できちんと洗濯してからしまったはず夏物の白いシャツが、衣替えの際に取り出してみたら黄ばんでいたという経験はないでしょうか。

これは家庭洗濯ではその時目に見えなかった皮脂などの汚れが落としきれていなかったために起こります。

また、クリーニングに出す前見た目には問題なかったのに、出したあとに変色したというトラブルが起きることもしばしばあります。

これは着たあとの長期保管中に、ついたままだった汚れが繊維と化学反応を起こしたことが原因だったりします。

そういった事態を防ぐためにも、シーズンが終わった衣服は、必ずしまう前に洗濯、クリーニングに出してきれいにしてから保管するようにしましょう。

これからお世話になる衣服がきれいであることも大切ですが、今まで着ていた衣服にも感謝の気持ちを込めてクリーニングしてあげることで、また次のシーズンもその次のシーズンもと、気持ちよく長く着ることができるでしょう。

衣替えの際のクリーニングは衣服が大量で、費用もかかるしお店まで持って行くのは億劫だとか大変だと感じる人もいるかと思いますが、そのような時こそ信頼できるお店の便利な宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょうか。