クリーニング店員と対面せずに品物を預けることのリスク

クリーニングは単に衣服の臭いや汚れを落とす衛生面だけのために行うのではなく、長く着られるように品質の維持やメンテナンスにもなっています。

また、家庭洗濯できずクリーニングに出さなければならないようなものというのは、高価で高品質なものであったり、特別な場に着ていくようなものであったりすることが多いと考えられます。

そのような大切な衣料品ですが、生活の多様化に伴った時間やお金の節約のため安価なネット型宅配クリーニングサービスや、業者と対面してやりとりすることのない宅配ボックス・専用ロッカークリーニングを利用する人が増えています。

ここではクリーニング店の店員やクリーニング師と対面せずに衣料品をクリーニング依頼することのリスクについてみていきましょう。

シミや汚れなどについて確認・相談ができない

クリーニングに預ける際に、クリーニング店の店員とのやりとりがないことの一番の問題点はお互いにコミュニケーションがとれないため、シミや汚れなど共通認識ができないことです。

もしもシミのあるものを依頼するときは、いつついたものか、何のシミかなど、クリーニング業者は知る必要があります。

状態によってはシミがとれない可能性があることも店員から説明を受けるでしょうが、集配が宅配業者や非対面のマンションロッカーなどの利用の場合はそういったコミュニケーションをとることができません。

預り証が発行されないこともある

通常のクリーニングサービスにおいては、クリーニング業者が預かったものの証明として、品名、数量、特記事項などを記載し共有する「預り証」が発行されますが、宅配ボックスや専用ロッカーサービスの中には、預り証のようなクリーニング店と利用者の間で共有する書面が発行されないケースがあります。

注文書を自分で記入し預けたい品物とともにロッカーに入れておく形態もありますが、クリーニング品目について相互解釈が異なっていたために後になってクリーニング料金が利用者の想定よりも高くついてしまったなどのトラブルも起こりえます。

対面しないクリーニングを利用しなければならない時の注意点

上記のリスクを把握したうえで、それでも時間的都合などによりやむを得ず店員との対面のないクリーニングを利用しなければならないときに心得ておきたいことをご紹介します。

まず、要望がある場合は出来るだけ具体的に伝えるように工夫し、預けたものについては必ず把握しておきましょう。

マンションのサービスとしてのロッカーや宅配ボックスクリーニングの場合は、どこのクリーニング店が請けているのか確認し、連絡先を押さえておきましょう。

宅配業者が集配と配達を代行している宅配クリーニングにおいては、信頼できるクリーニング業者かよく調べてみましょう。

いずれにしてもリスクを認識したうえで利用するようにしてください。