家庭洗濯で「ドライクリーニングができる」は誤解です

最近、家庭用洗濯機にドライモードがついていたり、合成洗剤のCMでもドライ可のものが洗えてクリーニングいらずとうたっているものがたくさん出てきました。

そのため、「家庭でドライクリーニングができる」と誤解をしているひともなかにはいるかもしれません。

しかし、それはドライ可という表示マークのある衣料品を、水や温水などで洗えるという意味であり、油溶性の溶剤を使用するドライクリーニングとは意味が異なります。

ドライクリーニングは水を使わない洗浄方法です。

水で洗う方法は皮脂やファンデーションなど、油溶性の溶剤で落とすことに適している汚れはなかなか落とせません。

家庭で、ドライマーク専用の洗剤を使って洗濯機のドライコースで洗濯しても、それはドライクリーニングではないのです。

どうして家庭ではドライクリーニングができない?

洗濯表示マークに「溶剤はパークロルエチレンまたは石油系のものを使用」といった内容が書かれている場合、水ではないそういった有機溶剤を使用することをすすめていることになります。

「パークロルエチレン」や「石油系」といった有機溶剤は、専用の洗濯機を必要としますし、クリーニング店などの専門技術を要する特別なところでしか使用することが出来ません。

したがって、家庭用の洗濯機ではドライ製品をドライクリーニングするということはできないのです。

家庭でドライ製品は洗える?

実際に家庭でドライマークのものが洗える洗剤と洗濯機を使用して洗濯をした人の中には問題がなかったというひとも多いと思います。

これらの方法でドライマークの製品を洗うことはできます。

ただし、それはドライクリーニングではないということと、ドライクリーニング向けの衣類を水で洗うことには多少なりともリスクがあることを覚えておきましょう。

ドライクリーニングは水による影響を受けやすい衣類を洗浄するために開発された洗濯法ですが、家庭用の洗濯機では溶剤に水を使う以外の洗濯はできません。

「ドライマークが洗えます」と表示された洗剤や家庭用洗濯機のドライコースは、ドライマーク製品を、水を使う家庭用洗濯機でも洗えるように開発されたものなのです。

たいていの場合、中性洗剤を使用して機械の力をできるだけ与えないよう、水で優しく洗うことを指します。

また、それは「水洗いができる」製品が前提であることも忘れないでください。

洗濯表示に従って正しく扱わないと、生地や製品によっては水に濡れるだけで色落ちしたり、型崩れの原因になったりするものもあります。

「ドライ可」という表示のあるものは、ドライクリーニングができる製品という意味であって、ドライクリーニングしなければならないという意味ではありませんが、皮脂などの油溶性汚れが気になる方はぜひクリーニング店を利用しましょう。