知っていますか?クリーニングの種類

家庭で洗えないものをお店で洗ってもらうクリーニングですが、衣類を預けた後はどんな処理をしているのか目にすることはなかなかないですよね。

言葉は知っていても、ドライクリーニングとは一体何なのか、クリーニングの種類については意外と知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここではクリーニングの種類についてみていきたいと思います。

水洗いできないものを油性溶剤で洗浄するドライクリーニング

ドライクリーニングとは、水洗いすると色が落ちてしまったり縮んだり型崩れしてしまうようなものを、油を原料とした溶剤で洗う方法のことです。

ファンデーションや皮脂などといった油溶性の汚れを落とすのに有効で、毛や絹など水洗いに向いていないものを洗うのにも適しています。

最近は「ドライクリーニングのものも家庭で洗える」といったことをうたっている洗剤や、ドライモードのついた家庭用洗濯機が登場していますが、基本は水洗いには向いていないものを家庭で水洗いしているということになりますので注意が必要です。

水に弱いものを慎重に水洗いするウエットクリーニング

ウエットクリーニングは、ドライクリーニングで落とせない汚れを水洗いする方法のことです。

ドライクリーニングは油溶性の汚れに有効ですが、汗や飲料水など水溶性の汚れは落としづらいという側面があります。

例えばスーツやウールのセーターなどは水洗いに弱くドライクリーニングされるものの代表ですが、染みついた汗の成分などはドライクリーニングだけだと十分に落ちず、蓄積された汚れが原因で黄ばんだり、臭いが発生することもあります。

そういったことに対応できるのがウエットクリーニングで、本来水洗いに適さない衣類を、洗剤とぬるま湯で、色落ちや型崩れなどが起きないように留意しながら慎重かつ高度な技術を利用して洗浄します。

クリーニング業界でも新しい技術のため、日々開発が行なわれている方法でもあります。

水洗いできるものを洗濯機で高温洗いするランドリー

ランドリーもクリーニングのひとつで、石けんや洗剤などで業務用の大きな洗濯機で高温洗いする方法です。

シーツやワイシャツなどを洗うのに向いていて、家庭用の洗濯機ではなかなかできない水量と高温で処理するので、汚れの除去力、殺菌効果も高く、また専用の洗剤で洗うので漂白効果もあるのが特徴です。

生地によっては色写りやデザインなどのファッション性に影響が出るリスクもありますが、クリーニング店では原則色別に洗濯されますし、家庭で行うよりも専門技術を用いて行うクリーニング店に預ける方がリスクは低いでしょう。